残りものを更に賢く。

おとついの夜中、夕御飯に作った焼きそばが残ってしまったから、今夜はその焼きそばにひと手間加えて夕御飯の取り計らいができたことに大運でした。
残りものを賢くいただけたことと、ふっと今日は一品食い分省エネできたようで割安した気分になってうれしかったのです。
残る焼きそばは、刻んだキャベツを混ぜて作ったお好み焼きの布地の間に挟んで焼きました。
関西ぶりお好み焼きをイメージして焼いたモダン焼き風に変動。
残る焼きそばを以て客席に現すよりも、別の履歴に変えたほうが喜んで食べて得る。
喜んで食べてもらえるの知ってるから、取り決めるあたしも楽しんで昼めしの手配ができるのです。
もしもこれが、休みのLunchだったからにはロールパンにその焼きそばをはさんで焼きそばパンに変身していたことでしょう。
そうしてかりに残ってた焼きそばの音量が少々多かったら、温めた焼きそばをまずお皿に分けておいてフライパンで焼いた出来立てのアツアツ半熟卵をかけていただいていたでしょう。
焼きそばが顔ぶれ履歴に変身してもらえる。
これだったら、同じ焼きそばも飽きません。
ちょっと手を加えて別の履歴 にすると、残り物も「残り物じゃないよー」って言われてる系。クレンジング酵素

カテゴリー: 未分類 パーマリンク