鉛筆はカッターで削ります

私の特徴はカッターで鉛筆を留めることです。前、おとうさんがひたすら鉛筆を得意げにカッターで削っていましたが自らは電動の鉛筆削りを使っていました。大人になり鉛筆を取り扱うことがなくなりましたが眉毛を描くアイブロペンを使うようになると、カッターで削ったほうが描きやすいし長持ちするのでカッターを使うようになりました。そうして三男が小学校に伺うようになり初めは目視の鉛筆けずりを使っていたのですが面白がって無駄に鉛筆を削るので目視の鉛筆削りをとりあげて毎年せっせと身がカッターで削った鉛筆を学院にとって行かせるようになりました。三男も高学年になり無駄に鉛筆を削ったり引き上げるクラスもないので目視の鉛筆削りを使ったら?という、勧めてみましたが「母さんがカッターで削ってくれたほうが書きやすい」との面。三男は筆圧がややこしいので芯を削りすぎると書きがたいようです。それで私も相変わらず頼まれるという朝からせっせ、せっせと、カッターで三男の鉛筆を押さえ付けるのですがカッターで控える鉛筆なんて学院中さがしても何方目視いないようで、言い方を書き忘れた鉛筆も本当に三男のところに戻ってきます。ドクターや友だちがみつけてくれても削り方をみて三男のものだと気づいてもらえるようです。三男から見ると今の身は、きっとおとうさんのように得意げに鉛筆を削っているのでしょうね。ニキビケア化粧品

カテゴリー: 未分類 パーマリンク